読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤ちゃん連れマカオ・香港旅行記

1歳の赤ちゃんを連れてマカオと香港を6日間旅行した記録です

赤ちゃん連れ旅行のホテル選びで大切なこと

準備

赤ちゃん連れの旅行では、大人だけの旅行と違ってホテルでの滞在時間はかなり長くなります。

そのため、ホテル選びは重要です。
たらこなりのホテルを選ぶ基準をシェアします。

1. キングサイズベッドがあること

添い寝のパパママには重要です。シングルやダブルでは赤ちゃんが落ちてしまうかもしれません。
壁にぴったりとついていれば、赤ちゃんを壁側に寝かせればシングルやダブルでもいいのですが、どんな配置になっているかは当日行かないとわかりません。キングサイズベッドで川の字になるのが安心です。

2. ビュッフェ形式の朝食がついていること

今回マカオで泊まったホリデイインマカオコタイセントラルの朝食は、初日のみがビュッフェで他の日は飲茶でした。
毎日飲茶ってかなりきついです。しかも美味しくなかったし。

台湾に赤ちゃん連れ旅行したときは、現地の朝食を食べたかったのであえて朝食はつけませんでした。
慣れた人にはそれもおすすめ。

2日目-1 台北の変身写真館、夢工場で赤ちゃんとのチャイナ風家族写真を撮影♪: 赤ちゃん連れ台湾旅行記

3. WiFiが使えること

WiFiが使えると外出前に色々調べたりができるので便利ですね。
日本でも下調べしますが、現地に行かないとわからないことも多いので。
できれば無料で使えると良いですね。

香港で泊まったリバーサイドホテルは有料、マカオで泊まったホリデイインマカオコタイセントラルは無料でした。

4. 繁華街に近いこと

繰り返しますが、赤ちゃん連れだとしょっちゅうホテルに戻って休憩を取ることになります。
したがって、繁華街からアクセスの良いホテルを選びましょう。
あんまり繁華街ど真ん中だとうるさかったりするのでご注意を。

マカオでは観光名所がマカオ半島に集まっているので、マカオ半島のホテルをおすすめします。
ホリデイインコタイセントラルは、マカオ半島ではなくコタイ側なので、観光には少し不便でした。

5. スーパーやコンビニが近くにあること

リゾート地では確認しておかないと、周りに何にもないというホテルが結構あります。
今回泊まったホリデイインマカオコタイセントラルもそうでしたし(ショッピングモールとカジノはあるけど、コンビニはない)、セブ島のホテルも歩いてお店に行けませんでした。水が買えないのは不便なんですよね。

でもここはとっても良いホテルですごくおすすめです。

セブ マクタン島のコスタベッラトロピカルビーチホテルはコスパ良しで赤ちゃん連れにもおすすめ! - 赤ちゃん連れセブ島・マニラ旅行記

6. 湯船と可動式のシャワーがあること

特にアジアは湯船もなくシャワーも固定のホテルもよくあります。赤ちゃんをお風呂に入れる際、シャワーが固定だととても入れにくいので、ここは確認しておいた方がいいです。

ホリデイインマカオコタイセントラルは湯船はあったものの、シャワールームは別になっており、しかも固定でした。残念。

f:id:Taracomom:20150105213932j:plain

7. 最後に…エクスペディアでは予約しないこと

エクスペディアは返金保証をうたっていますが、スマホサイトも返金申請フォームで選べるようにしているにもかかわらず、スマホサイトだとPCで確認できないと申請を却下されます。

申請は24時間以内しかできないので、却下された時点でゲームオーバーです。
購入後にもっと安いサイトが見つかることはよくあること。
ギリギリまで予約キャンセルができるサイトが安全です。

エクスペディアの最低価格保証、スマホサイトは対象外なので注意! - たらこのブログ。

トラップ注意!エクスペディアの最低価格保証はアプリもスマホサイトも申請フォームでは受け付けてるけど返金は対象外 - たらこのブログ。

+++
赤ちゃん連れの旅行記がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

マカオ・香港に赤ちゃんを連れて旅行しようと思った理由

準備

なぜマカオなのか?これはよく聞かれました。
理由はいくつかあります。

香港のHSBCに現金を預けたかった

旧ブログでも書いているように、たらこは香港のHSBCにAdvanced口座を開きました。そこに現金を追加したかったのも理由のひとつです。
香港HSBCの銀行口座を自力で開設した体験談: とあるワーキングマザーのつぶやき

飛行時間が短い

香港までの飛行時間は約5時間。赤ちゃん連れだとこのくらいが限界かなーと思います。

言葉が通じる

赤ちゃん連れだといざという時、言葉が通じることも大切。たらこは北京語と英語でコミュニケーションが取れるので安心でした。

医療レベルが高い

言葉が通じても、大きな病院はヘリコプターで隣の島へ行かないとダメ、というのでは不安です。
医療施設が整っていてレベルが高いことも条件でした。

こんなところでしょうか。
ムスメの航空券代がかからない2歳未満のうちに海外旅行にたくさん行きたかったので、ムスメに負担があまりかからない範囲で海外旅行を楽しんでいます。


+++
赤ちゃん連れの旅行記がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

6日目その2 キャセイパシフィック航空の男性スタッフから暴言…

香港

帰りのフライトはJALの機体ではなく、キャセイパシフィック航空の機体でした。

キャセイパシフィック航空の男性スタッフに「面倒臭いな」と言われた!

搭乗のアナウンスがされて一斉に皆並び始めます。
日系航空会社では赤ちゃん連れは優先搭乗させてもらえるので、男性スタッフに声をかけると、中国語で「面倒臭いな」とつぶやかれ、列の後ろに並ぶよう言われました。(もしかすると男性スタッフはキャセイのスタッフではなく、空港職員かもしれませんが、列の整理をしてました)

腹が立ちつつも仕方なく列の後ろに並ぼうと歩いていると、その男性スタッフから呼び止められ、ファーストクラスの列に並べとのこと。
おそらく他のスタッフからとがめられたのでしょう。
JALの航空券を買ったのに嫌な思いをして損した気分です。

赤ちゃん用のシートベルトを初装着

キャセイパシフィック航空の機内には、日系航空会社では見たことがなかったものがふたつありました。

一つは赤ちゃん用のシートベルト。
いつも離着陸時は抱っこするように言われてたんですが、抱っこじゃ事故に遭った時確実に吹っ飛ぶので怖いなと思ってたところでした。

f:id:Taracomom:20150103165847j:plain

もう一つは大人用シートベルトのエアバッグ。上の写真のシートベルトの左側が太くなっていますが、それがエアバッグです。

これまで航空会社にエアバッグはないのが普通でした。なぜならその分重くなって載せられる貨物が少なくなるから。
早くエアバッグ付きがスタンダードになるといいですね。

バシネットに寝てくれない

ムスメはバシネットに寝かそうとすると起きてギャン泣きしてしまい、結局ずっと私の膝の上でした。あー疲れた。

行きのフライトは5時間でしたが、帰りは3時間25分。ずいぶん違うものですね。短くてよかったー。

夜8時に成田に着き、帰宅したのは12時近くでした。
赤ちゃん連れマカオ・香港旅行、トラブルもあったけどなかなか楽しかったです。

+++
赤ちゃん連れの旅行記がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

6日目その1 マカオからフェリーで香港国際空港へ

マカオ

本日は帰国日。病気したせいであっという間のマカオ・香港6日間でした。

まずはYum Chaで朝食。

f:id:Taracomom:20141231124512j:plain
ムスメはこの旅行で好きになったシュレックの食器でご機嫌です。

f:id:Taracomom:20141231124519j:plain

あっという間に10時。フェリーは11:30なのでそろそろまずい時間です。

ホリデイインで絵葉書を海外に送る場合は一枚6パタカ

部屋に戻り、オットはチェックアウト、たらこはコンシェルジュで絵葉書を日本とアメリカに送ってもらうよう、お願いしました。
一枚あたり6パタカ(96円くらい)でした。

サンズコタイセントラルからフェリーターミナルへのシャトルバスは、ホリデイインのホールからのみ!

サンズコタイセントラルには2つのシャトルバス乗り場があります。
しかし、マカオフェリーターミナルとタイパフェリーターミナルへのシャトルバスは、ホリデイインのホール直結のシャトルバス乗り場からのみ出ているので注意!
たらこたちは知らずに無駄足を踏んでしまいました。

ちなみにマカオフェリーターミナル行きのシャトルバスと、タイパフェリーターミナル行きのシャトルバスは別なので、乗る時に注意しましょう。

フェリー出発30分前にフェリーターミナルに到着

フェリー出発時間は11:30。たらこたちがマカオフェリーターミナルに到着したのはちょうど11:00でした。
バウチャーには預入れ荷物がある場合は60分前、預入れ荷物がない場合は30分前にチェックインするよう書いてあります。

出発ロビーは2階です。右のほうに香港国際空港(HKIA)行きのチェックインカウンターがあります。

f:id:Taracomom:20141231124526j:plain

焦っていたのでスタッフに11:30のフェリーだと告げましたが、列の後ろに並べとのこと。
遅れても意外と大丈夫そうです。

後で気付いたのですが、たらこたちはsuper classを予約していたので、エコノミークラスの列に並ぶ必要はありませんでした…

無事チェックインし、服にTURBOJETのシールを貼ってもらい、10番ゲートへ行くよう案内を受けました。

f:id:Taracomom:20141231125123j:plain

チケットはsuper classなので高いです。
大人407香港ドル(6500円くらい)、1歳のムスメは203香港ドル(3300円くらい)。

f:id:Taracomom:20141231125158j:plain

通関を済ませ、ゲートに入ります。
トイレはこんな感じ。

f:id:Taracomom:20141231125345j:plain

香港国際空港行きのフェリーに乗船

フェリーの底は2つに分かれていて、着水面が小さいので早いようです。

f:id:Taracomom:20141231130511j:plain

乗船します。

f:id:Taracomom:20141231130519j:plain

乗船時間は約50分。super classは2階席です。

f:id:Taracomom:20141231130526j:plain

super classは軽食としてツナサンド、チーズケーキ、オレオ、水が出ます。

f:id:Taracomom:20141231151121j:plain

香港国際空港に到着。思いがけず空港税が帰ってきてラッキー

香港国際空港に到着。チェックインカウンターで、バシネットの予約をお願いしたところ、運良く空きがあってラッキー。
本来は電話で予約するものなのだけど、オットが何か勘違いして予約してなかったのでした。

そして空港税が大人一人当たり120香港ドル返還されるとのこと。嬉しい誤算。赤ちゃんはもともと無税なので戻りません。

f:id:Taracomom:20141231151615j:plain

電車に乗ってゲートへ

予約はJALですが、キャセイパシフィック航空の運航です。電車に乗ってゲートへ向かいますが、かなり遠いです。

f:id:Taracomom:20141231151930j:plain

お土産が高い…円安って辛い

お土産を事前に買えなかったので、香港国際空港でお土産を買いました。が、高い…
お土産は早めに買うことをお勧めします。

+++
赤ちゃん連れの旅行記がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

5日目 なんとか復活!セナド広場へ観光

マカオ

午後になってようやく復活したので、マカオ半島へ観光に行くことにしました。
サンズコタイセントラルからタクシーで行くと高そうなので、シャトルバスでマカオ半島のサンズへ行き、そこからタクシーでセナド広場へ向かいます。

セナド広場はマカオ返還15周年記念で飾り付けられてた

セナド広場に着くと、マカオ返還15周年記念の飾り付けで噴水も隠れてしまっており、かなり様子は違っていました。
世界遺産っぽさゼロ。まぁいいけど。

夜はライトアップされてきれい。

f:id:Taracomom:20141231014415j:plain

聖ポール大聖堂跡。

f:id:Taracomom:20141231014458j:plain

聖ドミニコ大聖堂。

f:id:Taracomom:20141231014533j:plain

街並みも風情があります。

f:id:Taracomom:20141231014629j:plain

f:id:Taracomom:20141231014652j:plain

f:id:Taracomom:20141231014710j:plain

これ食べたかったけど機会がなく残念。

f:id:Taracomom:20141231014734j:plain

澳門珈琲でポルトガルコーヒーを堪能

ガイドブックに載っていたセナド広場近くの澳門珈琲でポルトガル風のコーヒーを飲みました。

ちなみにたらこが使ったのはおなじみ地球の歩き方。情報量も多くて良かったです。

日本のラテとどう違うのか、味オンチなたらこにはよくわからず…

f:id:Taracomom:20141231014945j:plain

ケーキはオレンジケーキしか残ってなかったのが残念。
ケーキは硬め。ボソボソしてるかな。甘さは控えめです。

f:id:Taracomom:20141231020308j:plain

お値段はリゾートとは違い、全部で90パタカ(1440円くらい)とお安め。やっぱりサンズコタイセントラルはリゾートだから高い!ジュースだけで35パタカ(560円くらい)とかします。

夕飯はリスボアの粥麺荘で刀削麺

その後セナド広場から徒歩でリスボアへ向かい、粥麺荘というレストランで刀削麺を食べました。

麺やスープ、具材を選べる珍しいスタイル。刀削麺のほか、長ーい一本の麺なども選べます。
たらこは刀削麺、牛肉湯、紅焼牛腩をチョイス。

f:id:Taracomom:20141231015240j:plain

味は美味しかったのですが、ぬるかったのが非常に残念。
総じてマカオの食は恵まれませんでした。

f:id:Taracomom:20141231015307j:plain

こんな風に麺を削っているところを見ることもできます。

f:id:Taracomom:20141231015557j:plain

飲み物は菊花茶。このように湯飲みに直接茶葉を入れ、お湯を足してすすり飲むスタイルが多いようです。

f:id:Taracomom:20141231015659j:plain

余談ですがリスボアは全体的にギンギラギンで、趣味が合いませんでした。日本人向けではないですね。

リスボアからシャトルバスは出ていないので、タクシーでサンズに向かい、そこからサンズコタイセントラルのホリデイインまでシャトルバスで帰りました。
夜景がとてもきれいです。

f:id:Taracomom:20141231015824j:plain

サンズコタイセントラルやタイパのあるコタイ側とマカオ半島側の両方を見てみて、マカオ半島側の方が観光名所がたくさんあるし、ローカルのお店やスーパーなどがそこらじゅうにあるので便利だなと思いました。

コタイ側は新しい埋立てリゾートなのできれいなのですが、周りに何にもないので陸の孤島みたいな感じで不便です。
水の消費量の多いたらこ家としては、ミネラルウォーターが手に入らないのは致命的だなぁと思いました。

+++
赤ちゃん連れの旅行記がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

4日目 夫婦でダウン。マカオで病院へ…あうて海外旅行保険は電話がつながらず困った!

マカオ

3日目の午後からオットがダウンし、4日目はホテルから一歩も出ずに過ごすことに。

朝食は私とムスメで、1階のYum Chaへ。
しかしここの飲茶がとても残念…美味しくないのです。

お店は広々としてて活気があります。

f:id:Taracomom:20141231002801j:plain

注文は簡単。6つのカテゴリーからそれぞれひとつ、好きなものをチェックします。
子供は3つ選べます。

f:id:Taracomom:20141231003009j:plain

飲茶はこんな感じ。正直、どれもイマイチ。

f:id:Taracomom:20141231002845j:plain

f:id:Taracomom:20141231002918j:plain

子供用の食器も、リクエストすれば出してくれます。


f:id:Taracomom:20141231012850j:plain

まさかの夫婦でダウン。病院へ

夕方からどうも私も具合が悪くなり、一眠りしたのですが容態は悪化。
症状はオットと同じく、胃もたれ、膨満感、だるさ、吐き気。

吐いたところ多少楽になったのですが、このままだとどんどん悪くなる一方なので、病院へ行くことにしました。

あ・う・て海外旅行保険、サービスデスクに電話がつながりません

auのあ・う・て海外旅行保険に加入していたのですが、ワールドフリーフォンというホットラインが全くつながらない。
しかも印刷してきた保険証書に書かれたマカオからの番号と、ネット上の番号が違うのです。
どちらにかけてもつながらないので、1階に降りてコンシェルジュに電話してもらうことに。

しかし何度かトライしてもらってもやはりつながらないとのこと。
仕方ないので直接病院へ行くことにしました。

コンシェルジュに鏡湖医院というタイパの病院が一番近いと勧められました。
ちなみにこのコンシェルジュの女性、とてもサービス精神旺盛で助かりました。私の中でホリデイインの株が急上昇。

タイパの鏡湖医院でマカオでの病院デビュー

ホリデイインのコンシェルジュに勧められた鏡湖医院へはタクシーで10分ほど。

鏡湖醫院

20:30頃だったので、緊急外来へ。意外とたくさん患者がいました。15人くらい?地元の人が多いようでしたが、外国人も何人かいました。

もうお世話になることはないと思いますが、今後どなたかのお役に立つかも知れないので診療の流れを書いておきます。

  1. 掛號處でパスポートを提示し、診察券を発行する
  2. 分流處でトリアージを受け、番号札をもらう
  3. 番号が呼ばれたら医師の診察を受ける
  4. 電光掲示板に自分の名前が表示されたら、収費處でお金を払う
  5. 電光掲示板に自分の名前が表示されたら、配薬處で薬を受け取る

といった流れでした。
たらこは北京語で会話しましたが、たぶん英語も通じます。

医師には授乳中であることを告げ、授乳中でも飲める薬を出してもらいました。
海外旅行保険を使いたいので診断書を出して欲しいと伝えたのですが、領収書に必要事項が書いてあるから不要だろうとのことで、もらいませんでした。

まぁ必要だったとしても、サービスデスクに電話がつながらなかったので必要なものがわからなかった、で通そうと思います。
ちなみに診察料は199パタカ(3200円くらい)でした。

帰りは運良く目の前にタクシーが停まったので、そのタクシーに乗ってホテルへ。

薬が効かない…悶絶しながら一夜を過ごす

薬を飲んで寝たんですが、膨満感は解消されたものの、悪寒がして全身に痛みが出るように。
そういえば発熱や痛みは訴えなかったので、消炎剤は処方されなかったんですよね。

そんな状態でもムスメには授乳しなきゃいけないし、あぁ子育てって大変なんだなぁってこういう時に思います。
どんなに体が辛くても、精神的に辛くても、逃れられないんですよね。まぁ逃れようと思えば逃れられるんだろうけど、よほどのことがない限りは対応するのが親の務めなんでしょう。

というわけで、悶絶しながらほとんど眠れずに一夜を過ごしました。
胃腸は丈夫なたらこなので、ちょっとショックでした。

+++
赤ちゃん連れの旅行記がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

3日目 ホリデイインの朝食SHREK FASTおすすめ。タイパ村でポルトガル料理を堪能

マカオ

予約に苦労したDream Worksのショー付き朝食ビュッフェ、その名もSHREK FAST。
あまり期待せずに参加したんですが、これが思ったよりも楽しかった!

ショーを見ながら朝食ビュッフェを食べるスタイルで、4階の宴会場で開催されます。
子供にはちょっとしたお土産(塗り絵、クレヨン、風船)ももらえます。

f:id:Taracomom:20141231095707j:plain

塗り絵はこんな感じ。

f:id:Taracomom:20150105125816j:plain

f:id:Taracomom:20150105125832j:plain

ショーは英語と北京語のバイリンガルで行われ、基本的にはステージでの着ぐるみキャラクターたちとの写真撮影が次々と行われる感じです。

1歳のムスメがどれほど楽しめるのかなと思っていたのですが、ムスメは意外とキャラクターを見て楽しんでいました。
DVD買ってみようかな。

ビュッフェの内容はまぁまぁ。赤ちゃんが食べられるものはあまり多くなかったです。ヨーグルトくらいかな。見かけなかったけど、よく探せばおかゆもあったかも?

会場の外のトイレではオムツ替えもできました。

このSHREK FAST、ホリデイインとコンラッドの共同企画っぽいですね。こうやって複数のホテルで共同するのって面白いし有益だなと思いました。

タイパ村(官也街 クンヤーガイ)でポルトガル料理を堪能

3日目は日曜日。タイパ村でサンデーマーケットというのがやっているとガイドブックに書いてあったので期待していたのですが、年末だったのでやっていないらしく、ちょっと残念。

ちなみにたらこが使ったのはおなじみ地球の歩き方。情報量も多くて良かったです。


とりあえずホテルからタクシーでクンヤーガイへ。41パタカ(650円くらい)だったかな?

降ろされた場所の目の前に、ピノキオという有名なポルトガル料理のレストランがあったのでそこでランチすることに。

日本語の上手な女性の店員さんがいました。日本人客も多いそうですが、私たちが行った時は広東語や北京語を話すお客さんが多かったです。

お店はこんな雰囲気。

f:id:Taracomom:20141231000752j:plain

子豚の丸焼き、魚コロッケ、卵と野菜のチャーハンを頼みました。チャーハンは普通だったけど、子豚と魚コロッケは美味しかったです。パンが2つつきましたが、あまり美味しくなかった…

f:id:Taracomom:20141231000826j:plain

f:id:Taracomom:20141231000955j:plain

その後、クンヤーガイをブラブラ。ちょっとしたお店がたくさんあって楽しかったです。タイパ村おすすめ。

ポルトガルのケーキを売っているお店があり、テイクアウトできると書いてあったのでテイクアウトで注文したところ、ひとつ55パタカとのこと。

たしか外には25パタカと書いてあったけど…でももう箱に入れちゃってるし、仕方なく払いましたが、こんなんで880円とかありえない。すぐに計算できず断れなかったことを後悔。
ただ、味はとっても美味しかったのが救い。

f:id:Taracomom:20141231001236j:plain

その後、クンヤーガイの入り口近くのコンビニ、OK便利店で5リットル入りのミネラルウォーターを2つ購入し、タクシーでホテルへ戻りました。

f:id:Taracomom:20141231002020j:plain

オットがダウン。今夜は一人でフードコートで麺をすすることに

オットが胃もたれするとダウンしてしまい、フードコートで辛い麺を食べることにしました。

f:id:Taracomom:20141231003258j:plain

美味しかったのだけど、一人で子連れで麺のチョイスは失敗。子供用のハイチェアはあるのですが、やっぱり食べるのも麺を席へ運ぶのも一苦労。

オットはこういうコシのない麺は苦手なようですが、こういうものだと思えば美味しいです。

f:id:Taracomom:20141231003449j:plain

+++
赤ちゃん連れの旅行記がいっぱい♪
にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村